応用情報技術者試験対策講座

応用情報技術者試験とは?

応用情報技術者試験は、『高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者』を認定する経済産業省が主催する国家試験です。

情報技術の知識・技能に加え、システム開発におけるプログラム作成などに必要な知識・技能が問われます。

試験の形式

試験は午前に80問多肢選択式(四肢択一)、午後は6問の記述形式の問題が出題されます。

次回の試験日

平成26年4月20日(日)

この職業で役に立つ

プログラマー

システムエンジニア

応用情報技術者試験対策講座

コンピュータやネットワークの仕組、データベースの知識、プログラミングによるシステム開発の手法などを習得します。

受講回数

36回〜90回(1回は80分)

※テキスト代別途 2,000円+税

コース

マンツーマンB

持ち物

筆記用具、ノート

講義内容

・プログラム理論

・データ構造とアルゴリズム

・コンピュータのアーキテクチャ

・システムの設計・開発・運用の手法

・プロトコルと伝送制御

・ネットワークの応用

・データベースの運用と応用

・データの正規化

・オブジェクト指向

・プログラムのテスト

・2分探索アルゴリズム

・ソートアルゴリズム

・システム構成技術と通信ネットワーク

・データベースとセキュリティ

・システム評価

・プログラミング言語習得(C言語他)

総まとめ(午前対策/午後対策)

直前対策(模擬試験他)


応用情報技術者試験対策講座を申し込む

この資格のレベルって?

ネットワーク、データベース、システム構成などの情報技術に関する全般的を持ち、プログラミングの設計・開発・テストの手法を熟知し、これらを実施できることが望まれる。

スケジュール

時間自由予約制対象講座

0
Copyright ©1997-2017  PC LAND  All rights reserved.